スタッフブログ

 
 

施工管理職、一日のお仕事の流れ

  • 2020.07.28
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です。

大興建設では、施工管理職として活躍してくださる方を募集しています
施工管理といっても仕事内容は多岐にわたります。いったいどんな仕事なのか、イメージがしづらい人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、施工管理職では普段どんな仕事をしているのか?
一日のお仕事の流れをもとに紹介します!

施工管理職のとある一日
8:00 現場に出社。朝礼・安全ミーティング・作業打ち合わせなどを行います。

9:00 現場での作業を開始します。作業の出来ばえや確認のため写真撮影は毎日欠かさずやっています。

10:00 休憩を挟み、再度安全ミーティングを行います。

12:00 昼食の時間です。現場に併設された事務所で過ごすこともあります。

13:00 現場での作業を開始します。測量を行うこともあります。

15:00 休憩を挟み、安全ミーティングを行います。

17:00 現場での作業は完了です。作業の区切りによって変更することもあります。
その後、現場に併設された事務所内で書類作成をしたり、次の日の段取りを確認したりします。

18:30 帰宅です。作業の区切りによって変更することもあります。

基本的には、この流れで現場でのお仕事をしていただきます。その都度、現場の安全を確認しながら作業を進めてください。力仕事はほとんどありませんので、性別を問わず活躍できる仕事です。

とはいえ、入社してすぐにこの仕事をひとりで担当いただくことはありません。入社してしばらくは本社に出社して社会人としての基礎を学んだり、仕事で必要なソフトを勉強していただいたりします。先輩の補助をしながら経験を積み、この流れでお仕事ができるようになっていただきたいです

大興建設の施工管理職をもっと知る
施工管理職希望の人も、どの業界にチャレンジするか迷っている人も、まずはWEBセミナーをご視聴ください。そして興味を持っていただけたら、ぜひ選考にお進みください!

ご参加心よりお待ちしております。

ページの先頭へ