スタッフブログ

 
 

【社員インタビュー】施工管理職担当の山中です。私が大興建設に入社してみて<後編>

  • 2020.09.22
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です。

今回も、2020年4月に入社したばかりの新入社員、山中柊哉(やまなか・しゅうや)さんへのインタビューを紹介します。
(https://www.taiko-jp.com/archives/1244)

■施工管理職として入社

施工管理職として入社し、まだ社内研修を終えたばかりです。現場での本格的な仕事は始まっていませんが、書類作成をひたすらこなしています。現場の本格的な工事が始まる前にも、たくさん仕事があって驚きました。
今はふられた仕事をがんばって覚える時期だと思ってがんばっています。

■やりがいの感じられそうな仕事
本格的な現場での仕事はこれからですが、今からとても楽しみです。大興建設では、元請けとして公共工事にトータルでたずさわれます。工事が終わるまで、どんな変化があったか見られることを楽しみに感じています。やりがいがありそうですし、早く見てみたいですね!

■あいさつをしっかりとしたい
工事現場の見学に行ったとき、先輩社員に「あいさつはしっかりしようね」と指摘されたことがあります。正直、ハッとしました。もう社会人として仕事しているんだから、現場監督や作業員にあいさつはちゃんとしなきゃな、と思いました。
人間関係は良好なほうが仕事はぜったいに楽しいと思うので、あいさつや礼儀は意識してちゃんとやっていきたいと思います。

■社内研修を経て…

入社から6月初旬ごろまでは社内研修でした。ワードやエクセル、工事で使う管理ソフトやCADソフトの使い方から始まりました。大学時代に少し勉強していた部分もありましたが、測量のしかたなどは慣れてなくて、少し難しかったです。
まだ入社して間もないですが、大学時代のうちに勉強しておけばよかったと思うことだらけです。すでに学校で土木系の勉強をしているのなら、ちゃんとやっておけば研修や仕事でよいスタートダッシュが切れると思いますよ!

■広報担当より
新入社員の山中のインタビューを2回にわたりお届けしましたが、いかがでしたか?入社して間もないですが、すでに目標を持って働いてもらっています。

今後も、毎月1名ずつ大興建設で活躍する社員を紹介いたします。お楽しみに!

ページの先頭へ