スタッフブログ

 
 

大興建設の施工管理職は、何を管理する仕事なのか?

  • 2020.11.05
  • ブログ

こんにちは!
大興建設、広報担当の仲野です。

大興建設では、施工管理職を募集しています!
でも施工管理職って、会社や現場、工事の内容などによって管理する内容が違います。
今回は、大興建設の施工管理職が管理しているのはどんなことか?ご紹介します!

安全管理
どんな現場でも、どんな工事でも安全第一!安全管理は徹底して行っています。
安全に工事を終えられるように、環境を整えたり、作業手順を考えたりします。

安全第一に工事を終えるため、むやみやたらに効率やスピードを上げることはしません。
たとえば、重機を使って大きな荷物を移動するときは、積み荷の下に入らないこと。安全のために立ち入り禁止にします。移動中も積み荷の下で作業すれば効率が上がるかもしれませんが、そこは安全第一で!

毎年、全国安全週間では会社で安全大会を行っています。

品質管理
工事の品質もしっかりと管理します。たとえば、
・舗装の厚みは基準どおりか
・コンクリートの厚みや形状、寸法は基準どおりか
などです。基準どおりかを確認するため、その都度テストを行います。もし基準以下であれば、一から作業をやり直すことも…
品質の高い工事をするためには、日々真面目にコツコツと向き合うことが大切です。

工程管理
予定どおりに工事を進めるために、工程管理も欠かせません。工程表をしっかりと作成して管理しています。もし工程表どおりに工事が進んでいなければ、その都度遅れている理由を把握して検討します。遅れを取り戻すためにどう対応するか、非常に悩ましいところです…

天候が悪いと進まない作業もあるので、考慮しながら工程管理をすることが大切です。

管理する仕事に集中できる環境

大興建設の施工管理職の仕事で、主にやっている3つの管理についてご紹介しました。

自分の街のインフラ整備にかかわることなので、管理することがたくさんあります。
ですが、大興建設の施工管理職は現場の「管理」に集中できる環境です。施工管理職と切っても切り離せなかった書類仕事などのアシスタントをする、現場事務の採用も進めています。

地図に残るようなやりがいを、施工管理職をしながら感じてみませんか?

ページの先頭へ