スタッフブログ

 
 

施工管理技士ってどんな資格?

  • 2020.12.10
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です。

大興建設は、社員の資格取得を応援している会社です
施工管理職として入社後、経験を積み、施工管理技士の資格取得にチャレンジできる環境が整っています!

施工管理技士、こんな資格

施工管理技士は国家資格です。試験は1級と2級があり、合格すると、合格証がもらえます。取得していなくても、未経験でも、施工管理職として入社は可能です。

しかし、取得すれば仕事の幅がぐーんと広がります!

2級を取得するだけでも仕事の幅は広がりますが、1級に合格すればどんな工事もお任せ。まずは2級からチャレンジして、1級目指してがんばっていただきたいです。

受験資格
受験には、一定の実務経験が必要です。最終学歴・出身学部によって必要な年数が変わります。コツコツと実務経験を積めば、文系かつ未経験でもチャレンジ可能な資格です。

どんな試験?
1次は学科試験(マークシート式)、2次は実地試験(記述試験)です。この2つの試験を乗り越えると、施工管理技士の資格を取得できます。学科試験はテキストを使って、実地試験はこれまで担当した工事について整理・書き出す練習をして臨みます。

令和3年度より、第一次検定合格後に技士補の資格を取得、第二次検定合格後に施工管理技士の資格を取得、と試験の流れが再編される予定です。なお、実習や実技試験はありません。

勉強に集中できる環境

大興建設では、テキスト代や受験料も含め試験にかかる費用はすべて会社負担。試験が近づいてきたら、試験勉強に専念できるよう会社側が配慮します。試験に向けた勉強会も開催します。

施工管理技士は、立派な国家資格です。取得できれば一生モノ!

大興建設では、まずは受験に必要な実務経験を積むところからサポートしています。
一生モノの資格が欲しい人、コツコツと真面目に実務経験を積みたい人は、ぜひ大興建設の選考にお越しください。

ページの先頭へ