スタッフブログ

 
 

【社員インタビュー】施工管理職担当の石川です。私が大興建設に入社した理由<前編>

  • 2020.12.22
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です

2020年4月に入社したばかりの新入社員に行っているインタビュー。
今回は、地元出身の社員・石川朝登(いしかわあさと)さんへのインタビューを紹介します!

一宮工業高校の土木科出身です

私は一宮工業高校の土木科を卒業し、この春に大興建設へ入社しました。高校時代は陸上部で、走り幅跳びを練習していました。2020年に高卒で入社した新卒社員は自分だけです。

大興建設を知ったのは、高校の先生からの紹介がきっかけです。先生がいくつか求人票を持ってきてくださったのですが、中でも大興建設を激推ししていたんです。私も実家のある一宮市から通える会社を志望していて「地元の会社でいいところないですか?」と聞きました。高校を卒業したばかりだし、独り暮らしは大変かなあと思っていたんです。

もっと知りたいと思った
先生からの紹介があって、ひとりで現場見学に参加しました。半日かけていくつかの現場を見学。公共事業の工事現場を見るのは初めてで、魅力を感じました!
見ても分からないことだらけでしたが、そこで「知りたい!」と興味を持てたんです。先輩社員も優しく教えてくれて安心しました。

就職活動の思い出
高校の就職活動は、1社ずつ選考が進んでいきます。実は、初めての面接は大興建設でした。1次面接で内定をいただいたので、大興建設以外は受けていません。

面接のときはすごく緊張しました!何度も練習をしてから臨みましたが、「私」と言いたいのについ「オレ」って言っちゃって。でも、話したいことはちゃんと伝えられたと思います。

内定したときはほっとしました。うれしかったですし、親も喜んでくれました

広報担当・仲野より
石川さんが大興建設を知ったのは、高校の先生方からおすすめされたのがきっかけ。ですが、現場見学でしっかり興味を持ってもらえてよかったです。

私も面接は緊張しました。たくさん練習しても緊張して当たり前です。
後編では、入社してからの石川さんのお仕事を紹介します!

ページの先頭へ