スタッフブログ

 
 

現場で活躍している重機・機械紹介(シールドマシン編)

  • 2021.05.11
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です。

スケールの大きな公共工事の現場に携わる、大興建設
公共工事の現場で働くって、どんな感じ?
という疑問にお答えすべく…
工事現場で活躍する重機・機械を紹介!

今回は、シールドマシンについてご紹介します。
かっこいいのは名前だけじゃないんですよ。

シールドマシンとは…

シールドマシンとは、おもにトンネルを掘り進める工事で使うものです。下水道トンネルなど、地下で使うことが多いですね。最近では犬山で行った工事で使いました。

シールドマシンを使うときは…
大きなシールドを回転させながら、前にある砂をどんどん削り、後方へ砂を押し出して掘り進めます。まるでモグラのように地中を掘り進める姿は圧巻です。

削った砂はベルトコンベアでさらに後ろへ運ばれていきます。そのときの砂の量をちゃんと管理しないと、空洞ができて道路に穴が開く原因にもなってしまいます。入口まで砂や水を戻したら量を確認し、ピットに集めて廃棄物にします。

天気にはあまり左右されないけれど…
大雨で洪水にならない限りは、天気にはほとんど左右されない工事です。しかし湿気はすごくて、特にマシンの先端周辺が暑いです…

マシンはオーダーメイド
このシールドマシン、工事にあわせていつもオーダーメイドのものを使っています。サイズや仕様が工事によって異なるうえ、地盤の固さにも影響されるためです。

工事が終わった後は解体して、使える部品のみ再利用します。シールドマシンを使う工事は、お金も手間もかかる工事なんですよ。

たくさんの重機が活躍中!
工事のスケールの大きさを、感じていただけましたか?

工事現場では、他にもたくさんの重機や機械が活躍中!
大興建設では、公共工事や重機をもっと身近に感じられるよう、現場見学にご案内しています。まずは現場見学から参加してみませんか?

ページの先頭へ