スタッフブログ

 
 

【社員インタビュー】新入社員の一色田です。私が大興建設に入社してから…<前編>

  • 2021.08.17
  • ブログ

こんにちは!
広報担当の仲野です。

2021年4月に大興建設へ入社したばかりの、新入社員にインタビュー!
今回は、施工管理職の一色田玲奈(いしきだ・れな)さんを紹介します。

大学では日本語や日本文学を学んでいた一色田さん。文系から施工管理職にチャレンジしている理由は、就職活動で悩んでいたことがきっかけでした。

土木や建設業もアリかなと思った

私は中部大学人文学部、日本語日本文化学科を卒業し大興建設に入社しました。卒業論文では江戸川乱歩をテーマに研究していました。大学では建設や土木系の授業は受けていません。

就職活動を始めた当初は、とくに業界や職種をしぼっていませんでした。愛知県だから自動車産業かな、なんて漠然と考えていたこともあります。

業種がしぼりきれなかったからか就職活動がうまくいかず、友達と話していたら、建設CADの面接に行ったと聞きました。そのとき、祖父が建設系の仕事をしていたのを思い出したんです。小さいとき、現場について行ったこともあります。もしかしたら、土木や建設業もアリなのかな?と思いました。

文系・未経験からでも挑戦したいと思えた
それから、建設業界で文系・未経験もOKの会社を探しました。しかし面接に行っても、雰囲気が硬いところが多くて。でも、大興建設は雰囲気がよかったです。現場見学に行っても、社員同士の仲のよさがわかりました。イメージが変わりましたね。

文系・未経験で入社した先輩社員や女性の施工管理職もいると聞き、私もいちからがんばってみたいなと思えました。ほかの会社の選考も受けていましたが、なかなか内定につながっていなかったので、大興建設に内定したときはほっとしました。うれしかったです。

広報担当より
家族が建設系の仕事をしていた一色田さん。ある程度親しみはあっても、文系・未経験から施工管理職への挑戦をよく決断してくれたなと思います。

次回も引き続き、一色田さんへのインタビューを紹介します。お楽しみに!

ページの先頭へ